BIOGRAPHY

正山陽子 Yoko Masayama

7月24日生まれ。兵庫県宝塚市出身。大学在学中にオーガニックソウルユニット「BardSyrup」を結成。デモを高く評価したジャズパーカッショニスト、ジェフリー・ヘインズ(カサンドラ・ウィルソンやパット・メセニーのサポート等で知られる)に認められ、彼の招きでNY録音。ジェフリー・ヘインズとの演奏を含めた1stアルバム『Syrup No.1』(universal IMS)を2001年にリリース。静謐さの中に人間の情念をひめたサウンドと詞世界が高い評価を得る。その後2作目となる『好きなひとよ』(映画「恋する日曜日」挿入歌)をリリースするも、2007年活動休止。ソロ制作に専念。2013年9月、1stCD「Yoko Masayama」をP-VINE RECORDSより発売。ジャズ界で活躍する若手ミュージシャンを中心にアナログ録音で制作された本作品にはジェフ・ヘインズや、マヌーシュギタリストのブルーノ・ジルら海外ミュージシャンも参加。このアルバムはタワーレコード渋谷店女子ジャズ担当が選ぶ「2013年度女子ジャズ新人賞」受賞。楽曲「暁のリズム」がANA国際線の人気チャンネル「Next Breakers」に2014年2月から3ヶ月間ピックアップされるなど注目を集める。廣木隆一監督の映画『透明ポーラーベア』(戸田恵梨香、濱田岳主演)にも楽曲提供とシンガー役で出演。2016年2月待望のセカンドアルバム「Sing and Sparkle~たびだちの歌」(P-VINE)をリリース。前作に引き続きジャズ、R&B界で活躍するメンバーを中心に録音された作品は日経新聞や全国のラジオ局で取り上げられ、リリース時期から2年たってもJ-waveやTBSラジオなどで繰り返しオンエアされるなど、前作に続きその楽曲の良さから高い評価を得ている。「ライブが私の真骨頂」というだけあり、都内、関西での定期的なライブ活動に加え、舞踏家とのジャンルを越えたコラボレーションによる即興演奏、書店からの依頼による小学生〜大人までを対象とした演奏付きの朗読会も行うなど音楽表現の幅を広げ、好評を博している。思わず口ずさんでしまうポップな楽曲でありながら、バンドスタイルだけでなく型にとらわれない自由な表現方法で聞く人を常に魅了する、稀有なアーティストである。

                                                                       
                                                                       FACEBOOK:https://www.facebook.com/yokomasayama
                                                                       TWITTER:https://twitter.com/yokomasayama
                                                          YouTube:正山陽子チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC4y_ymRkH7r-R6leFoP5b-Q
                                                                      Pv:「バイバイバイ」常盤司郎監督作品 https://www.youtube.com/watch?v=GCTEseSXWi4
                                                                             「旅立ちの歌」https://www.youtube.com/watch?v=_ztqKK70Fls
 
cd_yokomasayama1stAlbum:正山陽子 [Yoko Masayama](P-vine)2ndCDジャケット写真2nd Album:正山陽子[Sing&Sparkle~たびだちの歌](P-vine)